ANTOR-JAPANのアジア最新記事とアーカイブです。


by gotoasia

最新情報

f0184370_1783767.gif

f0184370_1793029.gif
タイ国政府観光庁


第5回ラグーナ・プーケット国際マラソンが6月3日に開催

ビーチリゾートとして有名なプーケットで行われる国際マラソン「第5回ラグーナ・プーケット国際マラソン」が、今年は6月3日に開催されることが決定しました。日本でも少しづつ知名度が上がり、昨年の大会には約300名の日本人が参加しました。

種目は、フルマラソン(42.195km)以外に、ハーフマラソン、10.5km走、5kmウォーキング、2kmキッズランがありますので、マラソン初心者の方でも気軽に参加できます。

コースの内容、参加登録方法などはホームページでご確認いただけます。
こちら(英語・日本語)をご覧ください。
f0184370_1629087.jpg
日本からも多くのランナーが参加

[PR]
# by gotoasia | 2010-02-08 16:30 | タイ

最新情報

f0184370_1383912.gif

f0184370_1385856.gif
韓国観光公社


統合観覧券でソウルの景福宮など5つの古宮めぐり

韓国の文化財庁は、今年5月から統合観覧券でソウルにある景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮、宗廟の5つの古宮を観覧できるよう制度を改めました。個別観覧の場合、大人では1万4000ウォンかかりますが、有効期限が1ヶ月の統合観覧券は1万ウォンで購入することができます。

また、5月から昌徳宮は自由に観覧できるようになります。文化財庁は現在、昌徳宮の観覧を入場時間の制限や解説者の案内付きという条件のもと行っていますが、5月からは自由に入場し、解説者なしで観覧する方法に切り替わる予定です。

ただし、玉流川や楽善斎など昌徳宮の後苑を観覧する場合は、追加入場料を払い解説者の案内に従った観覧のみ可能です。昌徳宮と昌慶宮の間には、観覧客の便宜のためにチケット売り場が設置されます。

一方、5月から宗廟は自由観覧から、入場できる時間を制限し解説者の案内による観覧方法へと変わります。ただし、土曜日は今までのように自由観覧が可能です。
f0184370_1626177.jpg
人気観光スポットの「景福宮」

[PR]
# by gotoasia | 2010-02-08 16:27 | 韓国

最新情報

f0184370_1783767.gif

f0184370_1793029.gif
タイ国政府観光庁


トラン水中ウエディング、2月14日開催の人気イベント

毎年トランで2月14日に開催される人気のイベント、水中ウエディング。2010年度の募集が開始されました。

タイ国内をはじめ世界各国からカップルが集まり、永遠の愛を誓う名物イベントです。カーペット代わりの白砂のデコレーションや海中での誓いのキスは、ダイバーたちに大人気。ダイビング経験のない人でも気軽に参加できるウエディングセレモニーです。

これから式を挙げるカップルだけでなく、既婚者でも参加することができます。トラン中が祝福ムードで、地元住民も盛り上がるとっても楽しいイベントです。しかもこの時期トランはベストシーズン。

プログラムの詳細はこちらのタイ政府観光庁ウェブサイトでチェックしてください。
f0184370_16234143.jpg
世界中からカップルが集合

[PR]
# by gotoasia | 2010-02-08 16:24 | タイ

最新情報

f0184370_116136.gif

f0184370_1162768.gif
シンガポール政府観光局


「リゾート・ワールド・セントーサ」のテーマホテル4軒がオープン

シンガポール初、アジア最大規模の統合型リゾート「リゾート・ワールド™・セントーサ」の第1期フェーズとして、4つのテーマホテルが2010年1月20日(水)にオープンしました。ホテル内の10のレストランでのサービスも開始されます。

今回オープンしたのは、「クロックフォード・タワー」(120室)をはじめ、「ハードロック・ホテル・シンガポール」(360室)、「ホテル・マイケル」(470室)、「フェスティブ・ホテル」(390室)の4つ。ニーズに合わせて滞在を楽しむことができます。

リゾート・ワールド・セントーサは、総面積49万平方メートルの敷地に約4300億円をかけて開発されるもので、世界最大規模の水族館やカジノ(政府認可申請中)が建設されるほか、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの建設も進められています。

詳しい情報はシンガポール政府観光局日本語ホームページでも案内しています。こちらをご覧ください。
f0184370_16202144.jpg
リゾートの完成イメージ

[PR]
# by gotoasia | 2010-02-08 16:22 | シンガポール

最新情報

f0184370_1783767.gif

f0184370_1793029.gif
タイ国政府観光庁


石川遼選手が「タイゴルフ観光親善大使」に就任!

タイ国政府観光庁では、日本を代表する若手プロゴルファーの石川遼選手を「タイゴルフ観光親善大使」に任命し、昨年の12月26日に埼玉県松伏町エローラ・ホールで就任式を執り行いました。

石川遼選手は、「タイの人の温かさに触れ、そんな笑顔に囲まれながらゴルフができたことを幸せに感じました」と、昨年のロイヤル・トロフィー出場で初めてタイに行ったときの思い出を振り返りました。

さらに、「トンチャイ・チャイディー、プラヤット・マークセンといったタイの偉大な選手のみなさんとロイヤル・トロフィーで一緒に戦えるということを誇りに思っています。(親善大使就任を受け)微力ながら、日本とタイの架け橋になれること、それを使命に努力したいと思います」とプロゴルファーとして、また親善大使としての抱負を語りました。

タイには国際水準を満たすゴルフコースが233あり、ゴルフ人口は40万人と言われるほど、タイ人にとってゴルフは人気のスポーツ。

タイ国政府観光庁では、ゴルフ観光親善大使に任命した石川遼選手を通じ、高水準のゴルフ環境やタイ人のホスピタリティーなど、タイへのゴルフ観光の魅力を紹介してまいります。
f0184370_16174233.jpg
会見する石川遼ゴルフプロ

[PR]
# by gotoasia | 2010-02-08 16:18 | タイ

最新情報

f0184370_1383912.gif

f0184370_1385856.gif
韓国観光公社


ニューヨークタイムズが選ぶ
「今年行ってみたい場所」でソウルが3位


ソウルがニューヨークタイムズの選ぶ『2010年行ってみたい場所31選』の3位にランクインしました。ニューヨークタイムズの1月10日付紙面では、今年行きたい場所31選を紹介しながら、スリランカ、パタゴニアのワイン地域に続きソウルを3番目に選びました。

「デザインマニアは今ソウルに向かっている」と始まるこの記事は、「韓国の首都、ソウルにある魅力的なカフェやレストラン、きれいなアートギャラリー、雄大な宮廷がデザインマニアの心を射止めている」と紹介しました。また、「ソウルがイタリアのミラノにある世界ファッションの中心通りである、ディエチ・コルソ・コモを連想させる」と伝えました。

ニューヨークタイムズは続いて、ソウルはオ・セフン市長の就任後「2010世界デザイン首都」に選定され、今年の行事と展示が掲載されているウェブサイトを紹介しました。とくに「今年ソウル訪問のハイライトは、9月17日から10月7日まで開かれる第3回ソウルデザイン博覧会になる予定だ」と紹介しています。

ソウル市は「2010年世界デザイン首都ソウルの年」で、民間開催のデザイン行事を含め、140余りの行事を展開する計画です。
f0184370_16134149.jpg

[PR]
# by gotoasia | 2010-02-08 16:14 | 韓国

アーカイブ

f0184370_1383912.gif

f0184370_1385856.gif
韓国観光公社


韓国観光公社のホテル予約システム「ベニキア」

「ベニキア」(BENIKEA)は韓国観光公社が運営するホテル予約システム。ベニキアで取り扱うのは特2級(4つ星)以下の厳選されたホテルで、サービスや施設に対する審査で評価の高かった施設を取り上げています。

信頼性の高いホテルをご紹介するため、韓国観光公社ではベニキアで取り扱うホテルに対し、サービスの品質評価や教育、施設改善の指導なども行っています。

ベニキアサイトは日本語ページもあり、ウェブ上でホテル予約ができます。ベニキアを利用して手軽で素敵な韓国旅行をお楽しみください。

※ホテル予約にはベニキアサイトでの無料会員登録が必要です。

ベニキアはこちら(日本語)
f0184370_17181025.jpg

[PR]
# by gotoasia | 2010-01-08 17:19 | 韓国

アーカイブ

f0184370_1455422.gif

f0184370_1461758.gif
台湾観光協会


記念すべき400万人目の台湾訪問者は62歳の日本人!

今年1月からカウントしてきた節目入国者(100万人目、200万人目など)に向けた賞金プレゼントキャンペーンで、最終目標としていた400万人目の節目入国者が12月5日に誕生しました。

記念すべき400万人目の節目入国者となったのは、京都から病気の全快を祝して台湾を訪れた関西出身の62歳の日本人女性でした。この女性は今回の訪台が初の海外旅行だったという強運ぶり。節目記念の賞金である40万元(約100万円)のショッピングカードと特産品の数々が台湾観光局より贈呈されました。

台湾を訪れる外国人旅行者が年間で400万人を突破したのは史上初。日本からは年間100万人以上が台湾を訪れており、今後ますます日台間の交流が拡大すると期待されています。
f0184370_17125745.jpg

[PR]
# by gotoasia | 2010-01-08 17:12 | 台湾

アーカイブ

f0184370_116136.gif

f0184370_1162768.gif
シンガポール政府観光局


「ウェーブ・ハウス・セントーサ」で
ビッグウェーブを乗りこなそう!


シンガポール国内で唯一、サーフィンが楽しめる施設「ウェーブ・ハウス・セントーサ」がセントーサ島のシロソビーチにオープンしました。

世界でまだ4つしかないというウェーブハウスでは、3メートル以上もの高波を発生させることができ、サーフィンはもちろん、スキムボードやスノーボードまで楽しめます。

施設内にはレストランやビーチバーも併設されていて便利。ぜひビックウェーブにチャレンジしにシンガポールへお越しください!

「ウェーブ・ハウス・セントーサ」の詳細はこちら(英文)
f0184370_1795940.jpg

[PR]
# by gotoasia | 2010-01-08 17:10 | シンガポール

アーカイブ

f0184370_21402281.gif

f0184370_21404092.gif
マカオ観光局


第28回マカオ国際マラソンが12月6日開催
日本人は過去最多人数が参加


マカオで去る12月6日に「第28回マカオ国際マラソン」が開催されました。今年の大会には国内外から約3700名が参加し、日本人参加者は全参加者数の約1割にあたる過去最高の369名が参加しました。

マカオのベストシーズンに開催されるこの市民マラソンは、フル(42.195km)、ハーフ(21.0975km)のほか、6.5kmのミニマラソンもあり、レクリエーション感覚で参加できるのが特徴です。

また午前中にレースが終わったら、世界遺産めぐりやスパでリラックス、グルメにショッピング、話題のショー、クリスマスのイルミネーションなど、観光も存分に楽しむことができます。

今年の大会では、日本参加者のうちミニマラソンの部で年齢別男子40歳以上の部で1位、年齢別女子15歳以上18歳以下の部で3位に入賞した父娘アスリートや、夫婦あわせて145歳というシニアカップルの参加者もいました。

世界遺産の街・マカオをマラソンで巡る魅力あるレース。初心者でも気軽に参加できるので、来年の大会にはふるってご参加ください!
f0184370_1771736.jpg

[PR]
# by gotoasia | 2010-01-08 17:08 | マカオ