人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ANTOR-JAPANのアジア最新記事とアーカイブです。


by gotoasia

アーカイブス

アーカイブス_f0184370_1455422.gif

アーカイブス_f0184370_1461758.gif
台湾観光協会


「台北国際花博覧会」開幕まで残り1年
前売りチケットの販売開始


台北で来年11月6日〜2011年4月25日までの期間、花と演芸の大型イベント「2010台北国際花博覧会」が開催されます。このイベントは台湾が初めて正式に国際的承認を得て開催する博覧会で、期間中は600万人の来場者が訪れると予想されています。

“園芸界のオリンピック”とも呼ばれる「2010台北国際花博覧会」では、園芸・ハイテク・環境保護に関する技術の展示をはじめ、文化とアートを結合させたクリーンな生活の提案や、台北市内では花見や花摘み、フラワーティーなどの文化が体験できます。

会場は(1)大佳河濱公園エリア、(2)美術公園エリア、(3)圓山公園エリア、(4)新生公園エリアの4つに分けられて各種展示が行われます。

また、入場前売券の販売が去る10月1日開始されました。第一段階前売りの「一般」価格は200元(当日券300元)。花博のサイトをはじめ、台湾全土の莱爾富(ハイライフ)、OK便利商店(コンビニ)で購入できます。

同時発売の6種の花の妖精の絵が描かれた「記念チケットセット」は数量限定で、1セット12枚。定価3600元のところ、花博のホームページを通じて購入すると3300元に割引されます。

イベントの詳細やチケットの案内は台北花博の公式ホームページで案内しています。
詳しくは、こちら(日本語)をご覧ください。
アーカイブス_f0184370_19473173.jpg

by gotoasia | 2009-12-01 19:57 | 台湾